« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

2017年12月

2017/12/08

「ヘボコンは成熟も疲弊もしない」

この記事はヘボコンAdvent Calendar 2017の8日目の記事です。

「ヘボコン」とは、技術力が低い人限定のロボットコンテストのこと。ご存じない方は絶対知ったほうがいいのでまずはこの動画からご覧ください

会社でヘボコンマスターの石川大樹と席がとなりという縁がありぼちぼちとヘボコンの運営を手伝っている。

大きなイベントの準備の際にマスターの悩みを聞いたり、地方へ巡業するときにマスターがひとりぼっちだとさみしいだろうから現場へついていってでかい声で盛り上げるくらいがその作業内容である。

そもそもヘボコンは大好きだったのが出場の機会を得ないまま中の人になってしまった。選手歴はないがだからこそヘボコンをおもしろがって眺め続けられているのかもしれない。

ヘボコンの未来を考えるときいつも「一周まわるとどうなるのだろう」と思う。ある文化が成熟すると次のステージへ行く「一周まわる」という現象があるが、ヘボコンが一周まわるとどうなるのだろう。

2014年に初回が開催されたとき、いきなり「電車にロボットを置き忘れ捜索するも見つからず、諦めてその辺でビール飲みはじめたので欠場」という猛者があらわれた。

開催3回目とか4回目であればそういったことも起こり得るのかもしれないが、初回である。

まずはロボットのにへぼさがあり、次に人のへぼさがあるというのがヘボコンにとってきれいな段階なはずなのだが、ヘボコンでは初回ですでにロボット以上に人の行動がへぼい。しかし、そうするともうこの先にはなにもないのではないか。

ヘボコンと同じくデイリーポータルZが開催する「地味ハロウィン」というイベントがある。これは10月のハロウィンにいわゆるちゃんとした仮装とはみなされないレベルの仮装(たとえばスターバックスの店員だったり、街のティッシュ配りだったり)をしておもしろがろうとウェブマスターの林雄司さんがはじめたものだ。

初回がヘボコン同様2014年。その後、毎年回を重ねるごとに関係者の中で冗談のように言われるのが「そろそろ一周まわって『ハロウィンでゾンビの仮装で浮かれる人』の仮装をする人があらわれるのでは」ということだ。

一周まわった結果ふつうのハロウィンになってしまうのではないかと。

今年もそんなはなしをしていたとき、テクノ手芸部のよしださんが「そうじゃなくて今年あたり『スタバの店員』くらい普通の地味ハロウィン的な仮装がが見直されるんじゃないですかね」と言って、あっ!となった。

「一周まわる」を考えたときつい螺旋状に物事が進行するパターンを考えてしまっていたのだが、その場をぐるぐる周回し続けるパターンもあるのだ。むしろそれこそが「一周まわる」正しい状態かもしれない。

そう思ってヘボコンを考えると、一周まわった結果普通のロボコンになる可能性はむしろ最初からない。だってもともとロボコンをやりたいのに技術力がなくてできないからやっているのがヘボコンなのだ。地味ハロウィンが普通のハロウィンになる以上に無理ははなしである。

それで思い出したのが今年の9月に行われたヘボコン佐久大会である。

この大会ではタレントでエンジニアでもある池澤あやかさんが取材を兼ねて参加してくれていた。タレントさんとえば垢抜けた状態であることをなりわいにしている人だろう。実際池澤さんはいつ何時どんな表情をしても画になってさすがプロと思わされた。

しかし作ったロボットはすごいのだ。表面をおおう粘土に草みたいなものが練り込まれてボロボロしている。苔玉のようなテクスチャにしようとしてうまくいかずそうなったのだという。ヘボコンによくある期せずして呪詛っぽくなってしまっているやつだ。

垢抜けのプロのはずがロボットを作ってみたときの垢抜けなさがすごい。

さらに同大会では小学生の女の子の出場者がお姫様を模したロボットを作り自身もプリンセスのそれはもうかわいらしいコスチュームで登場してくれたのだが、あろうことかロボットを椅子に置いておいたところ試合前にうっかりその上から座ってしまい壊していた。

どういうことなんだ。

ヘボコンは3年目にしてまだまだへぼさにぬかりがない。人間のへぼしろときたら無尽蔵である。これからが本番だという気概すら感じる。

続けるうちにヘボコンは文化としての成熟や疲弊をむかえ一周まわる。しかし人間のへぼさはその周回をうわまわるのだ。

人間はそもそもへぼい生き物である。いま一番やばいことがシンギュラリティというのはいかにも人のへぼさの結晶だ。

シンギュラリティにあわてている当面は人間は人間が思っている以上にへぼい。未来は輝いている。ヘボコンは安泰である。

ヘボコンAdvent Calendar 2017、明日の担当は福岡の「つくると」というイベントでヘボコンを開催している優しくてたのもしいMiho Yamadaさんです! たのしみー!

|

« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »