« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/27

ドント トラスト アンダー サーティー

熱が40度近く出たのはいつぶりだろう。私は風邪をやると胃腸に来ることが多いので(鼻は冬場は常につまっているのでおいておくとして)、あまり発熱するということはなかったのだけど、今回はグーッと上がった。

熱が高いと体が動かないのだということを多分はじめて知ったかもしれない。食欲はずっとあったのだけど、熱が高くて体が動かず、カップ麺のお湯が沸かせなかった。

誕生日だったのだ。発熱はその1日前であった。この誕生日で30歳になったのだけど、その心構えなどする余裕が風邪にうばわれ、気がつけば30歳。

高熱で20代の垢を洗い流した形です。

会社を2日も休んでしまったし夫にも迷惑を相当かけたが、30歳の幕開けがちょっとネタっぽくなったのはラッキーだったように思う。

DON'T TRUST OVER THIRTYってヒッピーとかが言うような言葉で、ムーンライダーズのアルバム(曲にも)にあるけど、「30歳以上は信用しない」って20代のころからあまりピンとこなかった。あ、実はアルバムを聞いていないので作品が実際どういうことをいっているのかは別として、、。

反抗的な子どものことの方がむしろ大人のことよりも理解できずに困ってしまうタイプでした。こうして今30歳になって、口に出して「ドント トラスト アンダー サーティー」と言ってみたら、あら、なんだかしっくりきたなあ。

※「大人は分かってくれない」って映画があって、このタイトル使った「子どもは分かってくれない」って本あるね。

子どもとの近頃

保育園で教わってきたらしく、「お鼻はどれ?」「お口は?」などと聞くとその場所を指し示すようになった。ピッピッと差してニヤニヤする。

ただ「お目めは?」と聞くと、目を指そうとするけど指を目に近づけると眼球に刺さりそうになって目をとじて、恐る恐る目を開いてまた指そうとして目をとじて……の繰り返しになる。

アホの子のコントっぽい。

最後、自分の目を指すのを諦めて私の目を指した。痛いっつの!

近所の子育てを通して知り合った友達が13人、夫に子どもを預けて駅前の居酒屋に集まった。5時から5時間半、どうかと思う盛り上がり。働いてる子も、働いてない子も、旦那が日本人の子も、外国人の子も、年齢も、女子としてのタイプもかなり違う子らがこれだけ1つになるって、重ね重ね子どもの力はすごいと思うよ。

でも、みんなほとんど子どもの話してなかったけどな。

|

2009/01/19

食事ごっこ

今年は意を決して取り組みたいと思っていることがあるのだが、あまりにもとっかかりがなくうろたえるばかりだ。偶然にも夫が同じことに興味を持っていることが判明し二人で向上しようと話しあうも、二人とも素人なので教えあうのも難しく困ってしまった。

具体的にどのような場所に行ってどのような練習をすれば上手くなるのかはだいたい分かるのだが、動機が不純で上達に必然が全くないため、正直まじめにできるかわからず、どこかの門はたたきづらい。

何を志しているか書かないとなんだかもったいぶって気味の悪いことで申し訳ないが、上達のめどが全く立たないので恥ずかしいからとりあえず書かないでおくんです!

子どもとの最近

・雑誌「幼稚園」や「よいこ」に掲載された幼児向けに書かれている「ドラえもん」(のびた小さい子どもで、三輪車に乗ったりしてる)を集めたムック本のような文庫本を以前買っていたのだが、子どもに強く勧めてみたところわりとよく読んでいる。子どもがマンガ本を開いているのは見ていてかなりしっくり来る。

・よく「おおー」と感嘆する。テレビに美味しそうなものが大写しになったときとか。「ぅおおおー」と。

・で、どうするかというとその大写しになった画面まで歩いていって、画面をつまんで自分の口にもっていき、「ぱくぱくぱく」としている。好きな遊びとしてもう3ヶ月近く飽きずにやってる、食事ごっこ。

・そのほか、雑誌、絵本、チラシ、レシピ本など食べ物の写真もつまんで口にもっていっては食べるまねをする。私に食べさせたり、ぬいぐるみに食べさせたり、別の絵本などに写っている動物の写真に食べさせたりしている。プロフィールの「好きな衣食住」の欄は「食」できまりだ(そんな欄あったっけ)。

・このあいだは洗物をしていたら側にきて、台所の食材のはいった引き出しを物色していたのだが、ほうっておいたらパン粉を取り出してパッケージのフライの写真にかぶりついていた。

・プロフィール、ちなみに「好きなテレビ番組」は「ワークマンのCM」で(新日本ハウスのCMでも)。

先日、我が家ではあまり使わないエキストラバージンのオリーブオイルがあってうろたえていることを書いたところ、メイク落としに使えますよとのメールをいただきました。うわー! やったー!

さらに、夫が子どもに暗黒舞踏を教えているということを書いたところ「暗黒舞踏ってどんなのですか」というメールが。いやあ、私も夫もよくは分かっていないのですが、踊りはこんな感じでした。

しかしなんだろうこの超かっこいいCMは。

|

2009/01/11

オリーブオイルと暗黒舞踏

なんだか最近のこのページといったら すっかり けちんぼ主婦の買い物日記といった様相で自分でもちょっとまずいなという感じ。オムツの話はもちろん、けちさ加減についてはもう書くまいと思いつつ、その遺言として最後に書いておきたいことがある。

オリーブオイルのことだ。

私は普段、和食ばかりを作るのでオリーブオイルは平日はほとんど使わない。たまに週末にスパゲティーなんかを食べるときに使ったり、夫が料理するときに使うくらいだ。

そんなわけで切らしていても気にならず、ある日、夫が使いたいと自分で買ってきた。

調味料置き場に追加された後も私は使わないので全く気付かなかったのだが、ふと、あるときその夫が買ってきたオリーブオイルの瓶を見ると、なんだエキストラバージンのやつじゃないか。

夫!は!エキストラバージンのオリーブオイルを!普通の!オリーブオイルとして!買って!しかも!普通のオリーブオイルとして!使っていたのだ!

(普段食材とあまり接点のない方にご説明すると、エキストラバージンオリーブオイルというのは生食に向いているオリーブオイルです。詳しいことはわからないので恐縮ですが、とにかく普通のより割高ということだけは私も知ってる)

しかも、イタリア料理などほとんどしない我が家において、そのエキストラバージンオリーブオイルは堂々とした大瓶なのだ。

一生使いきんない。もう一度言おう。一生使い切んない。

今まで普通のオリーブオイルとして使っていたというショッキングの上に、残った分もこれまた使いきれない量ときて私を大損感がおおげさにおそった。あたまを抱えて台所中を練り歩いてもなお悔しい。

この件について気付いて以来、オリーブオイルの瓶と目が合うたびに胸に「うがっ」と感じるものがあった。

それにしても、なぜ夫は買ったときに気付かなかったのか。怒りをぶつけようにも夫はこの手の私の怒りに対してはのれんに腕押しといった対応の人なので、怒ってもあまり意味がない。それにしても我慢ならず、いよいよ今日は本格的に言ってくれようと思ったのが昨日のことだ。

で、まさに万を持して、おい、夫よ、と発しようとふすまを開けたら、夫が息子に暗黒舞踏を教えていた。息子は一生懸命に夫を真似て恐ろしい振りを踊っている。

なんだ一体何があったんだ。これでは振り上げたこぶしも降ろさざるを得ない。

ちなみに夫はダンサーというわけではなく、暗黒舞踏も友人に誘われて何度か見たくらいということで、その暗黒舞踏が正しい暗黒舞踏かどうかというとそうではなく、あくまで暗黒舞踏みたいなものといった感じです。なんで踊りだしたかと言うと「なんとなく」だそうです。

なんとなくかー。

2009年にやりたいこと

・車の運転(気付いたらペーパードライバーになって12年が過ぎた)
・新しくて頑丈な洗濯物干しを買う

あ、洗濯物干しについてはまた けちな話になりそうな予感が。

|

2009/01/03

お正月、ショッピングセンター

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年末は実家に帰って近所(といっても車で30分くらい)のショッピングセンターに行き、年始は夫の実家へ行って近所(といっても車で30分くらい)のショッピングセンターに行っていました。

大型ショッピングセンターというのは私にとってはもはや何かおめでたいものという感じすらします。でも、かなり多くの人が正月はジャスコに行っているのではないかと思うと、あながち私だけの感覚じゃないですよね、これ。

ちなみに今年の元日はコストコに行って入場を断られるという1日だった。

いや、会員登録がないと入れないって知らなくて行ってしまったのだ。駐車場から入るなりアメリカのにおいがして(アメリカはギリギリ私が行ったことのある海外のひとつです)、あらー、アメリカのにおいがするわー、ねー、わー、と盛り上がっていたのだが、買い回りゾーンに入ろうとしたら何かカードをピッとやっていて、カードがないというと入れないと。入会には4000円かかるそうで、そのまま駐車場へ引き返しました。元日!

あ、でも別のショッピングセンターに行ったので大丈夫です!

子どもとの近頃

・もよおしたときにオムツをさわって「そろそろ出ますよー!」と知らせるように。知らせる→トイレに連れて行く→それを繰り返してオムツがはずれる、という流れらしいので、これはすごく嬉しい。ひとしきり喜んで、夜ふとんに入ってはっと、「そろそろ出ますよ」と伝えるだけで人を喜ばすことができるってなんだそれはと思って、子どもって! 子どもって! と思っているうちに寝た。1月2日。夢は見ない。

・「うん」といいう相槌と、こちらの言葉を繰りかえすという二つを身に付けたため、かなり会話っぽいことができるようになってきた。
「ごはん、食べる?」「うん」「納豆にしようか」「うん」「あと温野菜で大丈夫?」「だいじょぶ」「みかんいる?」「うん」
という具合。会話っぽい。ということは、話せない外国語も相槌と言葉の繰り返しさえできれば会話してるみたいになるのかもしれない。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »