« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/26

足で植木鉢を持ち上げる

先々週名古屋に行ったのは入院している義祖母のお見舞いのためだった。痩せることもなく、にこにこ元気そう(病気だけど)なおばあちゃんとあれやこれや話してきた。

子どもがどうも病室をいやがって泣くのでオープンスペースのようなところにいたのだが、外科のフロアだったためか、手足を怪我して患部以外はまったくもって元気という若者が割に多い。

見舞いも仲間らしき若者で、4,5人でだべっていた(“だべっていた”という言葉がまさにしっくりくる人たちっていますね)。

と、私がトイレに行って戻ってきたときだ。若者グループの見舞いの1人が、イスに座った状態で自分の背丈ぐらいある観葉植物の蜂を足で持ち上げていたのだ。「うおー」っていって。で、周りの若者が「おおー」とかなってる。

ばかだ!

感動的なまでにばか。「うおー」で「おおー」ってなんだ。おもわず嬉しくなって「すごい!」と私まで讃えてしまったじゃないか。

若さからほとばしる種類のばかというのがある。それはもうある程度の大人になってしまうとちょっと思いつかないようなばかさだ。

とはいえ、私もまだまだ例えば入院しているおばあちゃんと比べれば断然若手なわけで、今の私にどれくらいのばかができるだろうと思い、うまく思いつかずに夫のズボンをことあるごとに下げたり、飲み会から帰ってきてさらに家でビールを1リットル飲んで当然二日酔いになったりしている。

けど、やっぱり足で植木鉢を持ち上げるのにはまるでかなわない。うーん。なんかないかな。

知人友人から何か相談を受けても、これまでいいアドバイスができた覚えがあまりなかった。が、先日ついにやったのだ。これぞという、人生で一番いいアドバイスができたと思う。

せっかくなのでここに書きとめて記念としよう。

相談というのは高校の頃の友人からだった。妊娠中で、赤ちゃん自体は順調に育っているのだがどうも体調が良くなく、仕事をやめて自宅で安静の状態になっているらしい。彼女は結婚してだんなさんの実家に嫁いだので、今は義理のお母さんが赤ちゃんの準備のものをいろいろと買い揃えてくれたという。

お姑さんとの関係はとてもよく、買い物の代金も持ってくれているので本当に感謝している、のだが、買ってくれるもののデザインの趣味が自分とまったく合わないそうなのだ。

もう一通りそろってしまって、せっかく初めての子育てなのにちょっとがっかりしてしまっている、ということだった。

分かる。ものすごい分かる。ちょっとどうかと思うデザインにテンションが下がるってあるある。でも、それ全然大丈夫なのだ。自信を持ってアドバイスした。問題ないから心配すんなと。

子どもが生まれると、あまりの子どものかわいさに着てるものとか使ってるものって割とどうでもよくなるのだ。むしろ、趣味の合わないデザインの服を着てる様とかが「こんな変な服着ちゃって、かわいー」などとなったりする。

生後1ヶ月はほとんど家にいる生活だろうかし、服だったら1,2着ぐらい自分の趣味に合うのを子どもが生まれた後にでも買って(お姑さんには「友達にもらった」とか言ってな)母子2人で出かけるときだけはこっそりそっちの服を着せたり、なんならお母さん仲間に事情を話して変な服で笑いをとっとけと伝えた。そしたら、笑いが取れるほど変な服じゃない、だそうです。

元気な赤ちゃんが産まれるといいなー。

|

2008/10/20

ちかごろの正しいこと

近頃はなんだかいろいろとばたばたして、元気なのか疲れているのか分からないままにわー! わー! と時間がすぎていっていました。

そしてたまに何か観たり読んだりしては感心して、なんだか自分の流れに精一杯で世の中の、しかも私のついていきたい流れに流れについていけていないような、

せめて自分が正しいと思うことぐらい立てておきたいけれど、あの人が正しいといえばそうかなと思い、一方であの人が正しいといえばそれもそうなのかなと思うありさまで、たまにはっとして髪の毛をぐしゃぐしゃしてうーんと言ったりして、

しかし、とりあえず私も一つだけ、どうしてもこれは正しいと思うことがあって、これは書く価値があると思うので書きます。

それは、クイックルワイパーのシートは高くても純正品を買おうという正しさです。

先日、思い切って高価なクイックルワイパーのシートの純正品を買ったことは少し書きましたが、これが思った以上にすごかったのです。

今まで100円ショップだとか無印良品だとかで売ってるのを使っていたのだけど、あれはなんだったんだろう。ひらべったくした綿かと。もう全然違うんですこれが。興奮して図まで作ってしまったよ。

1020

クイックルワイパーって言うほど便利じゃないよな、これってほうきじゃんと思っていた頭にガチーンです。後発品を使っていてもこれはクイックルワイパーだと思っていた私よ、あれは決してクイックルワイパーではなかった。

ちかごろのこと

・世田谷美術館で「ダニ・カラヴァン」展みる。60年代のイスラエルの舞台美術(しかも主に大好きなダンス公演の)がみれた! ごごごごご!

・砧公園には実は初めて行った。なんだピクニックってここですればよかったのか。

・用賀から砧公園に行く途中にある「エコプラザ用賀」では回収してきた粗大ゴミの様子をガラス越しにライブでみられる。生活感もりもりのものがどさーっと集まって詰まれてなんだがしょんぼりしてくるが、一部リサイクル可能なものを別室で頒布したり抽選販売したりしてて勝手に救われたりしていた。

・小学校の体育館で行われたバザーがすごかった。これ何年前の服だろうという見たことも聞いたことも無いデザインがどわどわ出てくる。あんまりすごいので夢中で掘り返していたら、後で夫に「こんなふうになってたよ」といって鬼が暴れる様子を再現してくれた(注:うちの夫の特技に“鬼”というのがある。とにかく鬼の形相が上手い。目も鼻も口も全部でかいので迫力があるのだ)。

子どもとのちかごろ

・「ダニ・カラヴァン」展では興奮して完全におかしくなっていた。早い時間に行ったので会場がすいていて助かったが、終始しゃべり通しだ。確かに大人も「お手を触れないでください」については触れたい一心で美術館なんて内心おだやかではないよな。

|

2008/10/14

ねぎ

週末3連休に名古屋に行っていたのだが、帰った後に疲れていたもののなんとなく遊び足りずに参加した集まりでやらかしてしまった。

友人宅で夜、バーベキュー台を囲んでのパーティーをやると呼ばれたのだ。そこへ何を思ったか切ったネギしか持って行かなかった。メインは用意するから、といわれていたのを勘違いしたらしい。他の参加者の方々が持ち寄った肉やら野菜やらお惣菜やらがまぶしい。気まずい。

しかもせめて芋色々とかキノコ色々だったら何かストーリーが発生しそうなものを、よりによってネギだ。なんでネギなんだ。思い出しても手に汗が出る。

会場が自宅の近所だったので何か取りに戻ってもよかったのを、これまた何を思ったのか取りに帰らず、居座ってしまったんだよなあ。本当、何だったんだろう私は。

あっ、と思い出したのが亡くなった母方の祖母の話だ。

まだ私が生まれる前の話だ。ある正月、母の実家に父の両親が訪ねるということになっていたらしいのだが、母方の祖母はそのことをすっかり忘れて夫婦で出かけてしまったというのだ。

祖母は平謝りに謝っても謝りきれず、その後私が生まれて物心ついたころにまで「機会があったらお謝ってたって伝えてよな」と言うくらいだから申し訳ないという思い以上に自分自身に悔しいような一方的なわだかまりがあったのだろうと思う。

祖母は多分死ぬまでそのことをたまに思い出していただろう。私もネギのことは墓まで持っていくことになるんだろうか。そう考えるとそこまで大げさな話でもない気はしてきた。でもとりあえず当日の夜はネギのことを思い出して3回 目が覚めた。

年をとると思い出すことがいろいろ増えるよなあ。単純なことだけど、年をとると思い出は増える。いろんなな。

ネギ……。

名古屋に行くのにはなかなか乗れないでいたN700系にようやく乗れた。おおこれが! と素人なりに興奮しておりました。乗った直後にJRの関係者の方に会う機会があって、N700系ようやく乗れたんです やー、嬉しかったですわーと伝えたら

「あー、いい車両でしょー」

って。こういう場合車両って言葉使うのかあ! やっぱり誰かの業界というものには憧れますね。

|

2008/10/09

買い物運

最近買い物運が悪い

・子どものオムツを頼んで買ってきてもらったら通常42枚1200円が27枚1200円だった!!
・毎週来る食品の宅配サービスでまちがえて大根2本頼んでた! よりによってまあ立派な大根が2本来た!!
・子どものオムツカバーが小さくなったのでネットで買った。2枚組みだと思って注文したら1枚だった……。

「!」が最後は「……。」になっちゃっうぐらい、もう、怒るをこえて がっかりもこえて、さみしい。

で、こういうときは逆にぱーっと思い切った買い物をすると運が戻ってくると聞いたことがあったので、今日

・クイックルワイパーのシートの純正品を買った!!!

これは大きく出ましたよ。なんせクイックルワイパーのシートの純正品は後発品に比べてえらい高いのだ。しかもセールでもなんでもなかったから20枚で299円もしたぜ! うおー!

書いてるうちに全部どうでもよくなってくるのが文字の魔法だなあ。

風呂掃除のとき、風呂釜の掃除が終った後に「風呂釜の底に栓をする」役目を子どもに与えた。

与えた、というより 人まねをしきりにするようになった最近、風呂釜を掃除すると勝手に栓をするようになったのだ。なので、よし、じゃあこれはおまえさんの役目だ、と辞令を出した。

人生初仕事だなと思いつつも「風呂の栓をする」かあ。ははは。すごい仕事があったもんですなと乾いた笑いをしてもいた。が、そういえば私はたまに風呂の栓を忘れて湯張りをすることがあったのだ。

待っても待っても風呂が沸かないなと思って見たらお湯がどばどば流れ出ていたときのショックの大きさよ。ショックすぎて5分くらい横になったこともあった。

子どものおかげで完全にそれがなくなったのだ。さっきの乾いた笑いは取り消しで!

|

2008/10/04

こども時間

今日は子どもの運動会だった。保育園に入園した4月の頃から乳児クラスも参加すると聞いてときめきまくっていた運動会、通称 親ばか祭り、略して ばか祭りの日がとうとう来たのだ。うおー!

出番は10分くらいだったけど、我が家は埼玉の山から4時起きで母(子どもにとっては祖母)がかけつける騒ぎで堪能してきました。

乳児たちは出番が終れば流れ解散ということで、まだ競技中の幼児クラスをながめつつ退散、近くの芝生の公園に移動してビール飲んでお弁当食べて、ちょうど来てた赤ちゃん時代の友達と子どもはたわむれ 大人はやいのやいの話して帰ってきたのがさっき。

それで1日終ってないのがすごい。帰り着いたのがなんと昼の12時だ。子どもと一緒にいるとたまに起こるこの時間の巻き巻き感には驚かされる。ぎゅうっと堪能したと思ってもまだ朝9時ってこともある。

子どもの頃は時間がいつも永遠だった。1日が本当に長かった。夏休みなんか今の感覚でいうと1年ぐらいあるように感じていたんじゃないか。そんな時間の流れが、いま29歳の私にもちょっとうつってる。うへー。

夫と子どもは昼寝をし、母はH&Mに買い物に寄ると帰っていきました。私はアイス食べながらブログでも更新しておこう。

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »