トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/30

夕方が夜に

9月が下旬に入って、急激に夕方が夜になったので驚いた。日ってこんなに突然短くなるものだったのか。

夏でも冬でも暗くなるまで働いて家に帰るこれまでと違い、今わたしは子育てのため早めに仕事を上がらせてもらっている。毎日会社を出る時間が同じなので今シーズンは日の短くなってゆくさまにもろに直面した。

こないだまで18:30なんてったらまだまだ日があって、そんな時間に夕食を食べるもんだから(子どもがどうにも待ってくれず、がんばって引っ張ってこの時間なんだわ)なんだか申し訳ないような戸惑う気持ちだったのが、今は18:00でほぼ夜なので大手を振って晩ご飯が食べられる。

夏のあいだまだ明るい外をみながら晩ご飯を食べ、私が食べているのははたして何ご飯なのかもしかして昼ご飯なんじゃないかこれじゃあ寝るときにおなかすいちゃうんじゃないかと迷う日もあったわけだが、おかげさまで秋冬の間はちゃんと晩ご飯だ。でもどっちみち寝る前にお腹はすくわね。

ちかごろのこと

・夢をよく見るので寝ながらかなり疲れる。

・なにか他に書こうと思っていたことがあったのだが、夫に頼んで買ってきてもらった子どものオムツが夜も開いているいつもとは別の店で買ったため割高すぎて(通常42枚1200円で買ってるものが、なぜか27枚で1200円! なんで、なんで、ねえなんで!?)ショックなのでもう寝よう。そして夢を見て疲れるのだろう。

|

2008/09/26

どたどた

新しいURLで嬉しいから今日も書こう。

先日近所の神社のお祭りがあった。屋台が出ておみこしが担がれて、の他に神社にある神楽殿で年に1度「やまたのおろち退治の物語」が舞で奉納される(「剣の舞」というらしい)。このまちに住んでずいぶんになるけど、機会を逃し続けてこの舞を見るのは初めてだった。

すごく良かった! まる1日かけて上演されるので、観客も参拝のついでに眺めていく。ギッチリ見る感じじゃなくて、みんなゆるゆる見たり見なかったり。私は日が暮れてからクライマックス部分だけ観たのだけど、適当に立ち見で近所の人たちが眺めてる感じだった。

ジャンル的には何なんだろう。舞? 能面をつけて、お囃子のような太鼓と笛に合わせて踊る。舞台の裾におじいさんがいて、マイクで解説(ナレーション)しているので話しがすごく分かりやすい。ちなみに1日通して多分同じおじいさんで、しかもカンペなしだ。おおー。

一番ぐっときたのは、スサノオとヤマタノオロチが戦う場面、腰を落として向き合って回る両者がタイミングを合わせてジャンプするところ。しびれた。木の舞台にダッという音が響いてかっこいい。

そういえば、日本の踊りはいつも舞台にやわらかい音がする。木とか畳とか。悪い意味じゃなく「ドタドタ」っとしている。特に日本のコンテンポラリーダンスは騒ぐという意味も含め文字通り「ドタドタ」することに執心していると思うこともある。あれ、野田秀樹なんかまさにそうだな。演劇にもその流れあるな。

それって、舞台の木のせいなのかな? 舞台が木じゃなくても、歴史的に木だったのが何か大きいのかなとか。でもそうすると世界の舞台も木だよなー。というか、舞台芸術ってぜんぶ「ドタドタ」してるものなのか?

子どもとの近頃

・しゃべりはじめの子どもがかなりザックリしている件については噂で知っていたが、確かに相当ザックリだ。犬を指差して「わんわん、わんわん」というので おっ、と思ったのが、どうも動くものはみんな「わんわん」らしい。猫も「わんわん」、おじさんも「わんわん」、絵本のクマもゾウも「わんわん」。あちゃーと思っていたら、今日郵便受けに入っていたチラシを指差して「わんわん」といった。それもかよー。

・かと思えば「生垣」だけは正確に認識しているようで、生垣を見るとかなりの精度で「はっぱ」という。「そうだね、葉っぱだね」といって、落ち葉を拾って「これも葉っぱだよ」と教えてみるが落ち葉に対しては「えへへへへ」と笑うばかり。生垣を見るとキッと指をさして「はっぱ!」と言う。

・ベビーカーで移動しているとき、子どもにネコジャラシを持たすとなんかかわいいことを発見。小さなお子さんをお持ちの方はぜひお試しください。

・うちの子どもの特徴は「泣きむし」で「食いしん坊」ということに尽きる。さて、ここのところ立って歩こうとずいぶん頑張っていて2、3歩あるいてはしりもちというのを繰り返していたが、さっきはじめて10歩ぐらい歩いた。私が夕食の支度をしているのを待ちきれず、泣きながら食卓へ歩いてきたのだ。アイデンティティがトリガーになって2足歩行へ。おー、人類だー。

|

2008/09/24

パソコンが壊れて直った

こんにちは。古賀及子です。おーい! おーい! おーい! 手を振り人を呼んで、ここは今日から私の陣地になりました。「まばたきをする体」という題がついていますが、とくべつ意味があるわけではなく主に私の日記が書いてあります。

以前はこちらの場所にいました。ようやくブログに引っ越しです。なんだか色々難しいことはやめて、ココログにしました。以前の陣地も一応残しておきます。過去の日記も放っておきつつ、ちょっとづつブログに移植します。今後ともどうぞよろしくお願いします。

近頃のできごと

パソコンが起動しなくなった。セーフモードでも立ち上がらない。どうやらハードが壊れているわけではなく、OSがボカンしたのは起動しなくなる以前の状況から分かる。携帯でどうすればいいか検索すると、どうもやりようはあるようだが素人には難しい模様。

さらに携帯でデータレスキューのサイトを見て値段におどろいたり、部屋をうろうろしたり、そして夜が来て以外にすんなり眠れたものの、朝5時ちょいに目が覚めてしまってまた携帯でいろいろ調べたりしているうちに昼になり午後になり、ふとひらめいてある友人に連絡をとった。

ら、30分そこらで奥さんと一緒に我が家まで来てくれ、その後1時間でサクッと直してくれた。うおー!

日々はただ何もなく過ぎる。ふと悪いことがあると、振り子が触れて反動で、ものすごく良いことが起きる。そんな感じのできごとでした。

いや、パソコンが直ったのは決してマイナスがゼロに戻っただけでプラスのできごとではないんだけど、友達がうちに来てくれたり、それでまあ手際良くかっこ良くサクサクっとと直してくれたうえにメンテまでしてくれ、奥さんは相変わらずかわいらしく、え、手土産におはぎまで? わるいなあ、まあビールでも飲んで。もっと飲んで飲んで。とついでに私も夫もたくさんビール飲んで楽しかったんだい。

さて、せっかくブログにやってきたので記念に今まで面倒で貼らなかった写真を載せて今日は終わりにしようと思います。夫が酔っ払って息子を担いでろーろー言いながら部屋を練り歩いている写真です。どうぞ。

Katsugu
ろー! ろー!

|

トップページ | 2008年10月 »